車とお金基礎サイト

車・車・バイク・機械についてもっと理解を深めたい方へ

普通乗用車の場合

車を所有していると、年間で60万円〜100万円、生涯で約3000万かかると言われています。

車購入後にかかるコストには以下のものがあります。

購入費用/年(購入費/買替年)
自動車税/年
自賠責保険/年
重量税/年
ガソリン代/年
ガソリン税/年
自動車取得税/年
任意保険/年
駐車場代/年
車検代
消耗品代

購入費用は、新車と買うか中古車を買うかで値段が大きく異なります。自賠責保険は必ず入る必要がありますが、任意保険の場合は必要なプランを厳選することで費用を抑えることができるでしょう。
消耗品はタイヤなどになります。タイヤは5年に一回くらいが取り替えの目安になります。

軽自動車は普通自動車よりもコストが下がります。自動車に関する全てのコスト項目で、普通車より安く上がります。しかも最近の軽自動車は性能が向上し、車体も大型していて、使い勝手も向上しています。
軽自動車の車体価格は、リッターカー(1000cc前後の普通車)とあまり変わりません。しかし、自動車取得税が3%(普通車は5%)ですし、リセールバリューがリッターカーより高いのです。中古車市場でも軽自動車は人気です。

車・バイク・機械や車関連のハナシは、このホムペで情報収集しましょう

Copyright (C)2018車とお金基礎サイト.All rights reserved.