車とお金基礎サイト

車・車・バイク・機械についてもっと理解を深めたい方へ

自動車税

自動車税は、地方税法(昭和25年7月31日法律第226号)に基づき、道路運送車両法第4条の規定により登録された自動車に対し、その自動車の主たる定置場の所在する道府県において、その所有者に課される税金です。
自動車税を納めるのは、普通自動車・二輪以外の小型自動車を所有する方で、税額は、自動車の種類(乗用車・トラック・軽自動車)、用途(自家用・業務用)、排気量などにより決まります。納税時期は、自動車税総合事務所から送付する納税通知書により、5月末日までに納めます。
自動車がローンにより売買される場合には、債権担保の目的から所有権が売主に留保されることがありますが、この場合には、買主が所有者とみなされて自動車税を納付することになります。
自動車税は「車検税」ではなく、車検を受ける受けないに関わらず納税義務が生じます。「道路運行税」でもないので、たとえ駐車場に置いたまま走らせていなくても納税義務はなくなりません。

車・バイク・機械や車関連のハナシは、このホムペで情報収集しましょう

Copyright (C)2018車とお金基礎サイト.All rights reserved.